Z-Series

特徴と構成

Z-Seriesは、ストレージの様々な要件に合わせ3週類のソリューションをご用意しております。

Z-CDP[データ保護ソリューション]

WindowsやLinuxのバックアップ、リカバリを最小限の時間で展開するソリューションです。


● 3TBを越える大容量のデータや複雑なアプリケーション構成を意識する事無くディスク丸ごとの保護

● システムやサービス停止が不要でかつデータベースの整合性も維持するオンラインバックアップ。

● 変更された差分ブロックだけの転送だから100Mbpsの回線でも遠隔地へのレプリ ケーションを実現

Z-NSS[ストレージ仮想化ソリューション]

●Software Defined Storageを10年以上も前から実現。異機種ストレージを統合管理します。
●ミラーリング、レプリケーション、サイジングやパフォーマンスの最適化、ストレージ移行の支援。
●データベースなどのアプリケーション連携で確実なリカバリを保証。

 

ネットワークを通じて、遠隔地(DR先)のZ-Seriesにブロック差分で転送します。 これによりDRサイトからのリカバリが可能となります。

Z-BCP(災害対策&業務継続ソリューション)

●ローカルサイト、災害対策サイトでZ-CDP/NSSのデータを使ったワンボタンリ カバリ。
●複雑な手順無しに最短で10分以内で、業務を再開させます。
●P2P、P2V、V2P、V2Vと物理と仮想の垣根を越えたAny to Anyの復旧が可能です

 

※Z−Seriesは、ファルコンストア社のFalconStorCDP/NSS&RecoverTracの技術を利用した当社のブランド名です。

このページの先頭へ戻る


HOMEへ戻る