WebALARM

製品概要
Webサイトを守るために...

Webサイトを守るために、既にファイアウォールやシステム監視を整備されて
いると思います。それでも、クッラカーはそれらの脆弱性をつき、攻撃して
きます。 そして、何よりもその目的が、愉快犯から利益を求めた悪質な攻撃に
変わっていることが 脅威なのです。

愉快犯のように、わざと痕跡を残すのではなく、利用者に気が付かれない
ように悪質なウイルスが
あなたのWebサイトに仕込まれてしまったら…
あなたのWebサイトが踏み台にされてしまったら…
あなたは被害者でなく加害者となってしまうのです。

WebALARMとは

WebALARMは、国内で官公庁を中心に300サイト以上の導入実績がある、コンテンツの監視及び自動復旧システムです。
意図しないコンテンツの追加・変更・削除を検知すると直ぐに、そのバックアップデータから変更を修正し、メール又は
アラートであなたにその改ざんを伝えます。
WebALARMは全ての静的なファイルを監視することができるのです。さらに、ファイルの更新時のリスクを最小限に抑える
仕組みUMAを提供しています。このUMAは、複数台の公開サーバーにコンテンツを同時に配信することも可能にしました。

WebALARMの利点

WebALARMは、国内で官公庁を中心に300サイト以上の導入実績がある、コンテンツの監視及び自動復旧システムです。
意図しないコンテンツの追加・変更・削除を検知すると直ぐに、そのバックアップデータから変更を修正し、メール又は
アラートであなたにその改ざんを伝えます。
WebALARMは全ての静的なファイルを監視することができるのです。さらに、ファイルの更新時のリスクを最小限に抑える
仕組みUMAを提供しています。このUMAは、複数台の公開サーバーにコンテンツを同時に配信することも可能にしました。

WebALARMの利点

WebALARMは次の領域において利点をもたらします。

◆ 整合性と正確性 - 1日24時間365日の監視と自動回復により、データが常に正確で、知らない間に変更されていないことを保証します。
◆ ビジネスの継続性- インテリジェントなバックアップおよび即時データ回復により、データの欠落や改ざんによるダウンタイムを
  最小限に抑え、ビジネスの継続性を保証します。
◆ 会社の信用 - Webサイトが書き換えられて企業のイメージや信用が損なわれることは、もうありません。
◆ 法的な問題 - Webサイトへの侵入によって引き起こされるWebコンテンツの書き換え、政治的な声明文、および商品価格の
  改ざんに起因する不要な法的争いを回避します。
◆ 安心感 - もう連日夜遅くまでWebの書き換えやデータ破壊の対応に追われずに済みます。信頼性が高く手間のかからない監視と
  回復が、自信と安心感をもたらします。
◆ 低い運用コスト - 自動的な監視と回復により、手動での検出リソースと回復プロセスが削減され、運用コストが低減します。

PCI DSS 準拠

PCI DSS 準拠要件の一部として、整合性を保証し、規則違反を検出するために、IT システムの重要なファイルを連続的に監視することが要求されています。WebALARMは、通常のファイル、ログファイル、およびシステムレジストリの監視に関する要件、ならびにデータ整合性の結果の報告に関する要件への準拠に役立ちます。WebALARMには、重要な業務システムが円滑に実行されるように、変更されたファイルや壊れたファイルを自動的に修復する追加機能も用意されています。

WebALARMのPCI DSS準拠について

WebALARMの仕組み
WebALARMの各コンポーネントの機能

WebALARM エージェント (WAA)
Webサーバ上にインストールします。管理者のコンソールからのコントロールにより、改ざんの検知、管理者への通知、
ログの生成、改ざんファイルの保存を行います。

WebALARM コンソール(WAC)
Firewall内の管理者の端末にインストールします。コンソールからエージェントの各種設定を行います。

更新管理エージェント(UMA)
公開Webサーバのミラーサーバ等、通常Firewall内に設置するコンテンツが収容されているサーバにインストールします。
UMAが改ざんの監視を止めることなく、公開サーバへのPUTを行います。

更新管理コンソール(UMC)
上記UMAを管理するための管理者用モジュールです。

このページの先頭へ戻る


HOMEへ戻る