ThreatAnalyzer

導入事例

世界中の社内インシデント対応チーム、セキュリティ運用センター、セキュリティベンダ、マルウエアの研究者から、ThreatAnalyzer(旧製品名: CW Sandbox)は不可欠なマルウエア分析ツールだという声を頂いています。 金融機関、政府機関、軍、警察など、巧妙化したインターネット脅威に直面しているお客様がThreatAnalyzerを導入することで、被害額が非常に大きくなるとされるサイバー犯罪に対して、一歩先行く対策を講じることができます。

社内インシデント対応チームとセキュリティ運用センター

ThreatAnalyzer(旧製品名: CW Sandbox)は、インフラストラクチャを管理するインシデント対応チームにとって、必要不可欠なソリューションです。ThreatAnalyzerは、優れたインシデント対応テクノロジと統合し、マルウエア脅威の分析、それに基づく対応を行うための最も包括的なスイートとして提供されます。

社内情報保証チーム

企業には、古いアプリケーション、カスタムコード、製品企業が大量に溢れています。 情報保証チームとIT部門は、これらの製品のサポートの他にこれらの製品にセキュリティ上の脆弱性がないことを保証する仕事もしています。ThreatAnalyzerは、お客様の業務に必要なホワイトリスト作成プロセスと誤検出およびセキュリティ問題の発生防止を支援します。

マルウェアの研究者

ThreatAnalyzerを導入することでマルウエアの研究者が分析できるスループットが向上し、新種の脅威を大量に取り扱えるようになります。現在利用できる最高のマルウエア動的分析ソリューションであるThreatAnalyzerは、デバッガやリアルタイムメモリ分析ツールなどの既存の動的解析ツールを完全に補完することができます。

セキュリティベンダ

セキュリティベンダは、自社のソリューションの有効性を向上させるためにThreatAnalyzerを使用することができます。ThreatAnalyzerを導入することで、セキュリティベンダは不審な検体を分析し、これから販売するソリューションが最新のマルウエア脅威からユーザを保護できるかどうかを確認することができます。

デジタルアドネットワークおよびWebポータル

ユーザ生成コンテンツは、Webサイトを利用するユーザに危険をもたらす脅威の媒介者となる恐れがあります。デジタルアドネットワークであろうと、ソーシャルネットワークサイトであろうと、ユーザや顧客が投稿したコンテンツを大量に掲載するWebポータルであろうと、有効なURLの投稿のみを許し、悪意のあるURLを確実に拒否することが重要となります。ThreatAnalyzerのWebサイト分析機能は、ブラウザが特定のWebサイトにアクセスした際にどのような現象が発生するかを自動で分析します。

警察当局およびデジタルフォレンジック捜査チーム

ThreatAnalyzerは、サイバー犯罪の捜査ツールの一つとして、世界中の大規模警察機関や捜査機関で広く利用されています。疑いのあるサイバー犯罪のデジタル環境を複製し、それを詳細に分析するためにThreatAnalyzerを利用できます。不正行為、潜在的な企業リスクや損失、インシデントに関与した当事者を特定できる、捜査チームにとって非常に強力なツールとなります。

国内の活用事例

導入実績としては、海外、国内多数の官公庁、警察関連、セキュリティ会社(サービスとして)、一般企業が使用されていますが、製品の性質上一般公開する事が出来ません。

このページの先頭へ戻る


HOMEへ戻る