GFI LanGuard

GFI LanGuard システム要件
ハードウェア要件

GFI LanGuardをホストするコンピュータは以下のハードウェア要件を満たす必要があります。

コンポーネント
1 ~ 100 のコンピューター 100 ~ 500 のコンピューター 500 ~ 3,000 のコンピューター
CPU
2 GHz デュアル コア 2.8 GHz デュアル コア 3 GHz デュアル コア
HDD
5GB 10GB 20GB
メモリー
2GB 4GB 8GB
ネットワーク帯域幅
1544 kbps 1544 kbps 1544 kbps
ソフトウェア要件

GFI LanGuard コンポーネントは、このセクションに記載するソフトウェア要件を満たすコンピュータにインストールできます。

サポート対象のオペレーティングシステム(32 ビット/64 ビット)

以下の表は、GFI LanGuardをインストールできるオペレーティングシステムとバージョンの一覧です。これらのオペレーティングシステムがフル(GUI有り)バージョンであることと、Microsoftが提供する最新のサービスパックが適用されていることを確認してください。

 オペレーティング システム
 Windows® Server 2016
 Windows® Server 2012 (R2 を含む)
 Windows® Server 2008 (R2 を含む) Standard/Enterprise
 Windows® 10 Professional/Enterprise
 Windows® 8/8.1 Professional/Enterprise
 Windows® 7 Professional/Enterprise/Ultimate
 Windows® Vista Business/Enterprise/Ultimate
 Windows® Small Business Server 2011
サポート対象のデータベース

GFI LanGuardはデータベースを使用して、ネットワークセキュリティ監査と修復操作に関する情報を保存します。 データベースバックエンドには以下のいずれかを使用できます。

<
データベース サーバー
推奨される使用方法
SQL Server Express® 2008 以降 このデータベースサーバには10GBの制限があるため、コンピュータ500台までのネットワークに向いています。データベースサーバが無い場合、GFI LanGuardインストーラーは自動的にMicrosoft SQL Expressインストーラーをダウンロードして実行できます。
SQL Server® 2008 以降500台以上のコンピュータを含む大規模ネットワークにお勧めします。

パフォーマンスを高めるために、データベースサーバには SSD を使用することを強くお勧めします。SSDは、従来のハードディスクドライブに比べてアクセス時間や遅延が少なく、高パフォーマンスを実現します。

ターゲット コンピュータのコンポーネント

以下の表に、GFI LanGuardがリモートスキャン(エージェントレス)するコンピュータでインストールするか有効にする必要のあるコンポーネントの情報を示します。

コンポーネント
説明
Secure Shell (SSH) UNIX/Linux/Mac OSベースのスキャンターゲットに必要。SHサーバをインストールし有効にする必要があります。
ファイルとプリンターの共有 Microsoftオペレーティングシステムを実行するマシンがスキャンターゲットに関する情報を収集・列挙するために必要です。
リモート レジストリ このサービスはMicrosoftオペレーティングシステムを使用するマシンで実行するようにしてください。これは、オペレーティングシステムの詳細、ユーザおよびコンピュータデータなど、スキャンターゲットの情報を収集するために必要です。
GFI LanGuardエージェントおよびリレーエージェントのシステム要件

GFI LanGuardエージェントやGFI LanGuardリレーエージェントを実行するコンピュータは、パフォーマンス上の理由から、下記のシステム要件を満たす必要があります。

ハードウェア要件
GFI LanGuardエージェント

GFI LanGuardエージェントを実行するコンピュータは、次のハードウェア要件を満たす必要があります。

コンポーネント
要件
CPU 1GHz
HDD インストール用に800MBと、スキャン中に更新アーカイブを展開するためにさらに2GBが必要です。
メモリー GFI LanGuard専用に25MB
ネットワーク帯域幅 1544kbps

 

GFI LanGuardリレーエージェント

次の要件が満たされる場合、リレーエージェントとしてコンピュータを設定できます。
●コンピュータがオンラインで、アップタイムが十分であること(オフラインのリレーエージェントはクライアントを無効にする)
●リレーエージェントに接続されたコンピュータに対して高速のネットワークアクセスが可能であること
●キャッシングに必要なディスク容量を備えていること
リレーエージェントとして設定されるコンピュータは、次のハードウェア要件を満たす必要があります。

コンポーネント
1 ~ 100 のクライアント 1 ~ 100 のクライアント 500 ~ 1,000 のクライアント
CPU 2 GHz デュアルコア 2 GHz デュアルコア 2.8 GHz デュアルコア
HDD 5 GB 10 GB 10 GB
メモリー 2 GB 2 GB 4 GB
ネットワーク帯域幅 100 Mbps 100 Mbps 1 Gbps

 

ソフトウェア要件

GFI LanGuardコンポーネントは、このセクションに記載するソフトウェア要件を満たすコンピュータにインストールできます。

サポート対象のオペレーティングシステム(32 ビット/64 ビット)
Windows® オペレーティング システム
GFI LanGuard エージェント GFI LanGuard リレー エージェント
Windows Server 2016
Windows Server 2012 (R2 を含む)
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise (最新 SP)
Windows Server 2008 Standard/Enterprise (最新 SP)
Windows Server 2003 Standard/Enterprise
Windows 10 Professional/Enterprise
Windows 8/8.1 Professional/Enterprise
Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate (最新 SP)
Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate
Windows XP Professional (最新 SP)
Small Business Server 2011
Small Business Server 2008 Standard
Small Business Server 2003 (最新 SP)
中央管理サーバー システム要件

GFI LanGuard Central Management Serverを実行するコンピュータは、以下のシステム要件を満たさなければなりません。

ハードウェア要件

GFI LanGuard Central Management Serverをホストするコンピュータは以下の最小ハードウェア要件を満たす必要があります。

コンポーネント
要件
CPU 2.8 GHz クアッドコア
HDD 10 GBのHDD 空き容量
メモリー 8 GB RAM
サポート対象のオペレーティングシステム (32 ビット/64 ビット)

以下の表は、GFI LanGuard Central Management Server をインストールできるオペレーティングシステムとバージョンの一覧です。 これらのオペレーティングシステムにMicrosoftが提供する最新のサービスパックが適用されていることを確認してください。

コンポーネント
Windows® Server 2016
Windows® Server 2012 (R2 を含む)
Windows® Server 2008 (R2 を含む) Standard/Enterprise
Windows® 10 Professional/Enterprise
Windows® 8/8.1 Professional/Enterprise
Windows® 7 Professional/Enterprise/Ultimate
Windows® Vista Business/Enterprise/Ultimate
Windows® Small Business Server 2011
サポート対象のデータベース

GFI LanGuard Central Management Server は、インストールされた複数のGFI LanGuardから取得した情報を保存するデータベースを使用します。 データベースバックエンドは次のいずれかを使用できます。

ターゲットコンピュータのコンポーネント

以下の表に、GFI LanGuardがリモートスキャン (エージェントレス) するコンピュータでインストールするか有効にする必要のあるコンポーネントに関する情報を示します。

データベース サーバー
推奨される使用方法
SQL Server Express® 2008 以降 このデータベースサーバには10GBの制限があるため、コンピュータ500台までのネットワークに向いています。データベースサーバが無い場合、GFI LanGuardインストーラーは自動的にMicrosoft SQL Expressインストーラーをダウンロードして実行できます。
SQL Server® 2008 以降 500 以上のコンピュータを含む大規模ネットワークにお勧めします。

パフォーマンスを高めるために、データベースサーバにはSSDを使用することを強くお勧めします。SSDは、従来のハードディスクドライブに比べてアクセス時間や遅延が少なく、高パフォーマンスを実現します。

このページの先頭へ戻る


HOMEへ戻る