GFI EventsManager

製品概要
エンドポイントセキュリティソフトウェアでデータの盗難やマルウェアの感染を防止

残念ながら、多くの企業では何か問題が起きるまで脅威に気が付かなかったり、無視したりすることがあります。GFIがeMediaに依頼した米国における調査では、ポータブルストレージデバイスが主な脅威と考えている中規模企業は少数で、このリスクに対応できるソフトウェアを導入している企業は20%以下でした。ポータブル デバイスの使用を管理するには、エンドポイントセキュリティソリューションのインストールが重要です。
このソリューションを利用することにより、管理者がどのデバイスが使用中であるのか、 また、どのデバイスが使用されていたのかを管理できるほか、デバイスの使用者も管理することが可能となります。そのほか、コピーされたデータについての詳細も把握することもできます。

GFI EndPointSecurityでネットワークにおけるポータブルデバイスの使用を管理

GFI EndPointSecurityを導入すると、管理者は積極的にユーザアクセスを制御し、 以下に示すデバイスの
アクティビティを記録することができます。

■ iPod、Creative Zenなどのメディア プレーヤー。
■ USB スティック、コンパクトフラッシュ、メモリカード、CD、フロッピーなどのポータブルストレージデバイス。
■ PDA、iPhone、BlackBerryなどの携帯機器、携帯電話、スマートフォン、その他の同様の通信機器。
■ ネットワークカード、ラップトップなどのネットワーク接続端末。

保護機能の仕組み

GFI EndPointSecurityではアクセス制御を行うため、使用メモリ容量の少ないエージェントをマシンにインストールします。このエージェントサイズは1.2MBしかなく、ユーザがエージェントの存在に気付くことはありません。
GFI EndPointSecurityには、GFI LanGuardテクノロジをベースとしたリモート展開ツールが付属しており、システム管理者は数クリックでエージェントをネットワーク 規模で展開できます。一旦インストールされるとその後はユーザがログインする度にこのエージェントが Active Directoryを参照するようになります。
その結果、ノードごとに適宜アクセス権が設定されるようになります。アクセスが許可されたグループにそのユーザが含まれない場合、そのデバイスへのアクセスはブロックされます。

ユーザアクセスを制御し、ポータブルストレージメディアがもたらす脅威からネットワークを保護

GFI EndPointSecurityでは、ポータブルストレージメディアへのアクセスを一元的に無効にすることができます。これにより、自社ネットワークの害となりえるデータ (ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアなど)を一般のユーザが持ち込むことを防止できます。CDやフロッピーなどのポータブルデバイスへのアクセスはBIOS設定で止めることもできますが、この方法は実用的でありません。この方法では、マシンを直接操作して一時的に保護を無効にしてからソフトウェアをインストールする必要があり一般ユーザでは荷が重い作業です。また、技術に長けたユーザであれば、BIOS設定を不正に変更することも可能です。 GFI EndPointSecurityで、多種多様のデバイスを管理下に置くことができます。

特徴

◆ 最低限の管理作業でポータブルストレージデバイスへのアクセスを制御し、データ漏洩や盗難を防止します。
◆ マルウェアや許可されていないソフトウェアによるネットワークへの侵入を防止します。
◆ 管理者は、クラス、ファイル拡張子、物理ポート、デバイスIDからデバイスをブロックすることが可能です。
◆ 管理者が一定期間、デバイスやポートのアクセスを一時的に許可することが可能です。
◆ データベースサーバが利用できない場合、SQL Expressを自動的にダウンロードしてインストールことが可能です。

日本人技術者による24時間365日標準サポート

GFI EndPointSecurityは、弊社サポートセンターRisk Management Information Center
(RiMIC)を活用した、 24時間365日のサポートを標準で提供しています。

 

 

このページの先頭へ戻る


HOMEへ戻る