ACMS Lite Neo

流通BMSのJX手順と従来型の全銀TCP/IPの両方をサポート

取引先毎にデータ種別指定受信に対応したクライアント機能を提供します。HTTP/1.1、SSL V3による通信とSOAP-RPCによる
ドキュメントの送受信を行います。また、従来型EDIの全銀TCP/IP(パソコン手順)にも対応しております。

グラフィカルでわかり易い運用画面

運用状況のリアルタイム表示と履歴の照会や運用状況表示フィルターによる表示内容のカスタマイズ。
そして、項目によるソート機能を提供します。

通信、変換、ユーザー・アプリケーションと連動可能なフロー設定

データ送受信、データ変換、ユーザー・アプリケーションを一連の流れとして実行可能で、処理中に障害が発生した場合、分岐設定と実行ができます。また、柔軟なスケジュール指定を行えます。

 

 

 

 

コマンド・インターフェース

JX手順の実行、フロー実行のコマンド・インターフェースを提供します。 これにより、バッチによる送受信が可能になります。

4つのステップで簡単運用

通信の設定→フロー設定→フロー実行による送受信→ログの実行情報確認の4つのシンプルな手順で運用が可能です。

このページの先頭へ戻る


HOMEへ戻る